読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SuperSonicOrchestra's Dialy

福岡を中心に活動している管楽器バンド「SuperSonicOrchestra」の日常をつづったブログです。

カラフルライブ イン Live Cafe ERIC 無事終了〜

誰も書いてくれないので、

私が書く!!

↑わかる人います??

ま、そんなこんなで無事終了しました。

アマチュアバンドサークル「カラフル」でのイベントライブでした。
カラフルに参加させていただいて4年目になるのですが、本当にいろんなスタイルの、それこそ「カラフル」なバンドさんがたくさん参加されています。
このカラフルのなかで結成されたバンドもあるくらい、人の交流も盛んです。
SSOでギターを弾いてくれてるリョウさんもカラフルで出会った一人でした。

私たちもカラフルのみんなに可愛がってもらえ、また、忌憚ない意見をいただきながらレベルアップができています。

こういう場ってありがたいなーとつくづく思います。

さて、今回のステージですが、私たちとしては初めてのお店、Live Cafe ERIC さんでした。

livecafeeric.web.fc2.com

店内はとても開放感があり、ステージと客席の段差が無く、距離も近いのですごく一体感を感じられます。

私たちのように大人数のバンドには向いてると思います。 オーナーさんにもお声かけ頂き、楽しくステージができたと思います。
本当にありがとうございました!!

_

それでは私たちのセットリストから。 Set List 1,Stevie Wonder Medley
(I Wish〜Isn't She Lovery) 2,Skyscrapers
3,What's Going On
4,Battle Without Honor or Humanity?

今回の新曲はスティービーワンダーメドレーです。
I WISH はメグメグ提供のホーン譜とピアノ弾き語り譜を組み合わせました。
ホーン側の微調整はカナ先生にお任せしたのですが、いい仕上がりになったと思います。
Isn't She Loveryは吹奏楽用の楽譜を使用しました。
SSOは六管編成ですので大胆にカットさせてもらい、カナ先生とミユキちゃんでのソロ回しを中心にしました。
しかし、この曲の目玉はなんといってもメグメグ!!


わかりますかね?
手に持ってるのはピアニカです。
元々この曲ではスティービーがハーモニカソロを吹くのですが、そんな話をしていたらメグメグが「わたし、ピアニカならあるよ〜」と言ってはいけない一言を。
即採用したのでした。 (^^;;

この見境いのなさ、節操のなさが我々の特徴かもしれませんね。

Skyscrapersはもう鉄板曲。 この曲、あまり有名ではないようですがライブ受けはとても良く、盛り上がってもらえます。
アドレナリンでも出る仕掛けがあるのでしょうか?

What's Going Onはマーヴィンゲイの名曲です。
ビッグバンド用のアレンジでしたが意外に六管でもなんとかなりますね。
少なければ少ないだけの工夫をすればいいということですね。

私たちはできるだけエキストラをお願いせず、今いるメンバーでなんとかしようと考えてます。

最後の曲はBattle Without〜です。
布袋寅泰さんの名曲、キルビルのテーマです。
カナ先生いわく、コスパ最高!な曲です。
ラッパ隊に派手なハイトーンやフレーズがあり、アドレナリン、ドーパミン出まくるらしです。
報われるキツさみたいですね〜。
アレンジャーの皆様、「報われるキツさ」が選曲のキーワードですよー♪

そうそう。
実はベースもE一発なのでコスパ最高(笑)
4弦開放なので、左手は遊んでていい(^^;;
ま、何かやってないとカッコ悪いのでちょこちょこやりましたけど。

この曲もビッグバンド用のアレンジ楽譜なのですが、せっかくの布袋さんの曲なのでギターにもメインを振ってバリバリ弾いてもらいました。
歪み系ギターとホンセクのユニゾンってかなりハマります。

最近は吹奏楽ではギターやベースなどの電気楽器を使わなくなりましたが、昔はポップスコンサートでよく使われてました。
バンド全体のバランスをきちんと押さえておけばギターもベースもすごく効果的だと思います。
ぜひ検討してみて欲しいですね。

ということで、ライブの模様を写真でお届けします!


ラッパ隊。

歌えるというウワサ。  

ピアニカン  

大人な雰囲気??サックス隊。


後ろで支えてるリズム隊はちょこちょこ他の写真に顔をだしてるので割愛(笑)

ライブの模様をお届けしました〜。

次のライブは7月に夏祭り演奏、そして、8月7日に、カラフル2daysの2日目出演します。
よろしくお願いしま〜す!

スポンサーリンク